たんぽぽコーヒーおすすめ TOP >  たんぽぽコーヒー・茶の知識 >  たんぽぽコーヒー・茶の淹れ方・飲み方

水出しもOK?たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶の淹れ方

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶には、商品の形状によって、ティーバッグタイプや粉末タイプ等があります。
ティーバッグタイプでは、水出しも可能なものもあるので、たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶を水出しで淹れたい方は、ティーバッグタイプがおすすめです。

なお、商品によっては、ティーバッグタイプでも煮出すことを推奨しているものもあるので、水出し可能なのか商品を確認することをおすすめします。

水出しOKとして販売されていておすすめのたんぽぽ茶は、ティーライフたんぽぽ茶清らかブレンドです。 水の中にティーバッグを入れて、約1時間で淹れることができます。水出しでもしっかり成分が抽出されるのでおすすめです。

夏場はアイスで!たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶の飲み方

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶は、淹れたらそのままホットで飲んでもおいしいですが、暑い夏場はアイスがおすすめです。 まず、お湯でたんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶を入れたのち、冷蔵庫で冷やします。

一般的に、2-3日程度冷蔵保存可能なので、その都度冷蔵庫で冷やすのが面倒という方は、多めに作っておくのがおすすめです。

たんぽぽコーヒーをさらにおいしくする!おすすめの飲み方とは?

たんぽぽコーヒーは、たんぽぽ根の苦みが特徴的なので、味が苦手という方もいます。
そこで、よりおいしくするおすすめの飲み方をいくつか紹介します。

豆乳を加えてソイラテ風にする

一番おすすめしたいのが、豆乳を加えてソイラテ風にする飲み方。
牛乳よりもよりまろやかで、たんぽぽコーヒー独特の苦みも抑えられて飲みやすくなります。 より本格的なソイラテにするために、カプチーノホイッパーで泡立てて、シナモンを振りかけるのもおすすめですよ。

黒砂糖を加えると香ばしくなる

少し甘めになって香ばしさもプラスされるのが、黒砂糖を加える飲み方。
たんぽぽコーヒー1杯に対して、黒砂糖2-3gを加えてよく混ぜ、全体的に黒砂糖が溶けたら完成です。

普通の砂糖だと、ただ甘ったるいだけですが、黒砂糖を入れることで、甘さだけではなく、香ばしさがプラスされます。 たんぽぽコーヒーの香ばしさがより引き立つのでおすすめです。

牛乳・生姜を加えてチャイ風にする

寒い冬に体をあたためたい時におすすめの飲み方は、牛乳・生姜を加えてチャイ風にする飲み方。
たんぽぽコーヒーに牛乳を加えて混ぜ、スライスした生姜を入れるだけ。 スライスした生姜がなければ、生姜パウダーでも大丈夫です。

少し飲みにくいと感じるようなら、砂糖やはちみつで甘さをプラスして飲みやすくするのもよいです。

さらに、カルダモンパウダーとシナモンパウダーを入れると、より本格的にチャイ風になります。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶の飲む量・飲むタイミング

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶の飲む量・1日何杯までいいの?

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶は、1日何杯までという決まりはありません。
ノンカフェインの飲み物なので、多少たくさん飲んでも体に悪影響を及ぼすということはありません。

ただ、たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶には、利尿作用がある成分が含まれているため、過剰に飲むことでおしっこが近くなりすぎてしまう可能性があります。
また、冷え性の改善にも効果があるといわれていますが、冷たく冷やしたたんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶を飲みすぎてしまうと、かえって逆効果になりかねません。

自分が飲む目的に合わせて、程々に飲んでいくことがおすすめです。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶の飲むタイミング

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶を飲むタイミングは、特に考える必要はありません。
自分が好きなタイミングで飲むのがおすすめです。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶はノンカフェインの飲み物なので、夜寝る前のリラックスタイムに飲むのもおすすめです。
また、たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶には、余分な水分や老廃物の排出を促すデトックス効果が期待できるので、食事の時にお茶の代わりに飲むのもおすすめです。

ただ、たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶には、利尿作用がある成分が含まれているため、過剰に飲むことでおしっこが近くなりすぎてしまう可能性があります。そのため、寝る前にたくさん飲むのは控えた方がよいです。